『窓編』窓の構造を知ってイラストに活かそう!【背景マニアック】

『窓編』窓の構造を知ってイラストに活かそう!【背景マニアック】

背景イラストレーターのariです

今回は背景マニアック『窓の構造』について紹介していきます。

窓は家や部屋を描くときに必要なものになります。窓の構造を知ることで、よりリアルに背景イラストを描くことができます。

今回使用している機材とアプリはiPadProcreateです。考え方を応用することでAdobe PhotoshopCLIP STUDIO PAINTなどでも描くことができますので参考にしてみてください。

どのイラストアプリを使用すれば良いか悩んでいる方は、こちらをご参考ください。アプリのおすすめポイントについてまとめています。

iPadのおすすめイラストアプリを特徴ごとに紹介!【Procreate │ CLIP STUDIO PAINT │ Adobe Fresco】

動画では作画をしながら詳しく解説をしています。しっかりチェックしたい方は、こちらからご覧ください。

Advertisement

大まかな窓の仕組み

窓は基本的に枠にガラスがはまっている状態になっています。それを2枚重ねることで引違い窓という一般的な窓になります。

窓のこの部分は複雑に見えるので「どうなっているの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

下部分のレールはこのようになっています。レールもメーカーによって違いはありますが、大体このような形になっています。

レールに窓をのせるとこのような形になります。

水色の部分が枠になります。下部分にローラーが付いており、そのローラーがあることで窓は開け閉めすることができます。

構造を意識しながら窓を描く

構造を意識しながら窓を描いてみましょう。

これだけだとペラっとして見えるので、更に立体感を加えてみましょう。

厚みを足すとこのような感じになります。

2枚重なっているということやレールの構造を覚えておくと、リアルな立体感のある窓を描くことができます。

最初に描いた窓も少し厚みを足すだけで奥行きが出るので、描くイラストのテイストによって使い分けてみてください。

窓の種類について

よく使用される窓をいくつか紹介します。

上げ下げ窓、ルーバー窓、引き違い窓、FIX窓、縦すべり出し窓、横すべり出し窓など、窓も意外と色々種類がありますので、写真など資料を参考にしながら描いてみてください。

詳細な解説動画

動画では作画をしながら詳しく解説をしています。しっかりチェックしたい方は、こちらからご覧ください。

まとめ

今回は背景マニアック『窓の構造』について紹介しました。

構造を知っておくとデフォルメもしやすいので、ぜひ覚えておいてイラストに役立ててみてください。

普段の記事・動画では無料で背景イラストの描き方について紹介していますが、より『背景イラストが上手くなりたい方』向けにイラスト添削などを行っているメンバーシップもあります。

背景イラスト上達したい!背景イラスト描きの仲間と交流したい!という方はぜひご検討ください。プラン内容はこちらをご覧ください。

背景イラスト上達したい方、メンバー募集しています【YouTubeメンバーシップ】

制作したイラストでオリジナルグッズを作りたい方はこちらのサイト『ME-Q(メーク)』 も参考にしてみてください!

スマートフォンのケースからバッグ、文具、シャツなど様々なアイテムを1個から作ることができます。

私も以前、実際にスマホケースを作りましたが、満足できる仕上がりになっていました!記事で紹介していますので、ぜひこちらをご覧ください。

公式サイトはこちらから

商品数国内最大級オリジナルグッズ作成【ME-Q】

最後までご覧くださりありがとうございました。

それでは、また次回の講座でお会いしましょう!

背景の描き方[How to draw the Environment Art]カテゴリの最新記事