レイヤーの合成モードを簡単に解説!イラストでよく使用する合成モードも紹介

レイヤーの合成モードを簡単に解説!イラストでよく使用する合成モードも紹介

背景イラストレーターのariです

今回はレイヤーの『合成モードについて』簡単に紹介していきます!

また、イラストでよく使用する合成モードも紹介します。

今回使用している機材とアプリはiPadProcreateです。考え方を応用することでAdobe PhotoshopCLIP STUDIO PAINTなどでも描くことができますので参考にしてみてください。

どのイラストアプリを使用すれば良いか悩んでいる方は、こちらをご参考ください。アプリのおすすめポイントについてまとめています。

iPadのおすすめイラストアプリを特徴ごとに紹介!【Procreate │ CLIP STUDIO PAINT │ Adobe Fresco】

動画ではより詳しく解説をしています。しっかりチェックしたい方は、こちらからご覧ください。前編後編に分かれています。

Advertisement

レイヤーの合成モードとは?

『合成モード』とは以下の3つの特徴があります。

・レイヤーをどのように合成するかの設定をすることができる

・影やハイライト・カラーを入れる等、用途が広い

・覚えると便利!

影などに使用できる『乗算』から、ちょっと使い道が分からない?と感じる『除外』『減算』まで、できるだけ簡単に紹介していきます。

Procreateだとレイヤーから設定することができ、合成レイヤーの種類は25個になります。他のソフトでも同じ名前や似たような名前になっています。

合成レイヤー紹介[前半]

元画像の上に合成レイヤーで乗せた結果が右のイラストになります。

乗算・比較[暗]・焼き込みカラー

乗算(⇄スクリーン)…色を掛け算して暗くする。影を描くときに便利。

比較[暗](⇄比較[明])…2つのレイヤーの暗い方が適用される。カラーを暗い色への置き換えができる。

焼き込みカラー(⇄覆い焼き)…下の色を濃ゆくして、コントラストが高まる。画像を暗く濃ゆくするときに使用する。

こちらの3種類は暗くするパターンになります。暗くするにも少しずつ違うような暗さになっているので、イラストに合ったものを使用してみてください。

焼き込み[リニア]・カラー比較[暗]・比較[明]

焼き込み[リニア]…色を濃ゆくしてコントラストを高める。焼き込みカラーよりさらに暗く、乗算に近い印象。

カラー比較[暗]…カラーの情報を比較して色を置き換える。カラーの置き換えに使用できる。

比較[明](⇄比較[暗])…2つのレイヤーの明るい方が適用される。カラーを明るい色にすることができる。

スクリーン・覆い焼きカラー・追加

スクリーン(⇄乗算)…乗算と反対の効果になり明るくなる。ハイライトを描くときに便利。

覆い焼きカラー…上のレイヤーの明るさで明るくなる。色を飛ばすぐらいのハイライトに便利。

追加…加算のような効果。発光するほどに明るくなる。強めのハイライトに便利。

カラー比較[明]・オーバーレイ・ソフトライト

カラー比較[明]…カラー情報を比較して明るく置き換える。明るい色の置き換えに使える。

オーバーレイ…乗算とスクリーンの合わさった合成。明るい部分も影の部分もコントラストを付けやすい。

ソフトライト…オーバーレイを弱くした印象になる。軽く色を乗せるときに便利。

ハードライト

ハードライト…乗算とスクリーンの合わさった合成。レイヤーの重ね方でオーバーレイと同じ効果を得られる。

前半まとめ

上記の情報をまとめた画像一覧がこちら

『乗算』は影を付けるのに便利で、『オーバーレイ』はコントラストを付ける時に便利なため、よく使用しています。

前半で紹介した合成レイヤーは比較的使いやすい・よく使われるものが多いので、ぜひイラストや写真合成などに使用してみてください。

Advertisement

合成レイヤー紹介[後半]

ビビットライト・リニアライト・ピンライト

ビビットライト…覆い焼きと焼き込みを合わせたもの。コントラストの影響が大きい。

リニアライト…覆い焼きと焼き込みを合わせたもの。明るさへの影響が大きい。

ピンライト…カラーが置き換わる。上のレイヤーが50%より明るい場合は下の暗い色が置き換わり、50%より暗ければ下の明るい色が置き換わる。簡単に言うと暗い部分は明るくなり、明るい部分は暗くなると言うことです。

ハードミックス・差の絶対値・除外

ハードミックス…各色を足して極端なカラーを出す。激しい色、極端な表現が可能。

差の絶対値…レイヤー間の色を引いた色を出す。色を反転したようなイメージを作れる。

除外…差の絶対値のコントラストが低い効果になる。

減算・分割・色相

減算…下のレイヤーから上のレイヤーの値を減算する。数値が0を下回ると黒になる。

分割…色を反転させつつ追加のような効果にする。

色相…彩度や輝度を変化せずに色相を合成する

彩度・カラー・輝度

彩度…輝度や色相は変化せずに彩度を反映させる。

カラー…輝度は変化せずに色相と彩度を反映させる。

輝度…色相とサイドは変化せずに輝度を反映させる。

後半まとめ

上記の情報をまとめた画像一覧がこちら

後半で紹介した合成レイヤーは特殊なものが多いです。ですが、面白い効果を得られるものばかりなので、色々触ってみてイラストなどに使用してみてください。

よく使用する合成モード

ピンク色で記しているものが私がよく使用している合成モードです。

『乗算』『焼き込みカラー』『焼き込み(リニア)』はよく影で使用することが多いです。

『スクリーン』『覆い焼きカラー』『追加』はハイライトや明るい箇所を描くときによく使用します。

『オーバーレイ』『ソフトライト』『ハードライト』は色味を変えたり、コントラストを調整したいときに使用します。

『減算』はそこまで多く使用するモードではありませんが、夜の街並み、ネオン街などの時に使用したことがあります。面白い合成モードだったため、また使用したい合成モードの一つです。

詳細な解説動画

動画ではより詳しく解説をしています。しっかりチェックしたい方は、こちらからご覧ください。前編後編に分かれています。

まとめ

今回はレイヤーの『合成モードについて』紹介しました。前半と後半をまとめた画像がこちらになります。

合成モードによって見え方は全然違ってくるので、色々な合成モードを試してみて自分のイラストに活用してみてください。

普段の記事・動画では無料で背景イラストの描き方について紹介していますが、より『背景イラストが上手くなりたい方』向けにイラスト添削などを行っているメンバーシップもあります。

背景イラスト上達したい!背景イラスト描きの仲間と交流したい!という方はぜひご検討ください。プラン内容はこちらをご覧ください。

背景イラスト上達したい方、メンバー募集しています【YouTubeメンバーシップ】

制作したイラストでオリジナルグッズを作りたい方はこちらのサイト『ME-Q(メーク)』 も参考にしてみてください!

スマートフォンのケースからバッグ、文具、シャツなど様々なアイテムを1個から作ることができます。

私も以前、実際にスマホケースを作りましたが、満足できる仕上がりになっていました!記事で紹介していますので、ぜひこちらをご覧ください。

公式サイトはこちらから

商品数国内最大級オリジナルグッズ作成【ME-Q】

最後までご覧くださりありがとうございました。

それでは、また次回の講座でお会いしましょう!

アプリ・ツール [Apps / Tools]カテゴリの最新記事