対称・特殊定規ツールの使い方・後編【CLIP STUDIO PAINT】

対称・特殊定規ツールの使い方・後編【CLIP STUDIO PAINT】

背景イラストレーターのariです

今回は『CLIP STUDIO PAINTの対象・特殊定規ツール』について紹介していきます。

この記事を読むことで、漫画などで使用する集中線左右対称に描くことができる定規など、特殊な定規のツールについて知ることができます。

基本的な定規ツールについては前回の記事で紹介していますので、こちらをご覧ください。

基本的な定規ツールの使い方・前編【CLIP STUDIO PAINT】

今回使用している機材とアプリはiPadCLIP STUDIO PAINTです。CLIP STUDIO PAINTについて知りたい方はこちらの公式サイトをご覧ください。

動画では作画をしながら詳しく解説をしています。しっかりチェックしたい方は、こちらからご覧ください。

Advertisement

定規ツールについて

定規ツールは左側のツールバーの三角形のアイコンを推すことで、サブツールを開くことができます。

定規はガイドの役割を果たします。

レイヤー部分の定規アイコンを押すと『すべてのレイヤーで表示』『同一フォルダー内で表示』『編集対象のときのみ表示』と、定規をどこで表示するかを選ぶことができます。

基本的には『すべてのレイヤーで表示』にしておいて必要な時に変更する形で良いかと思います。

定規レイヤーの目アイコンを外すと、定規のガイドは反映されなくなります。

対称定規

対称定規は片方を描くだけで、反対側の面にも同じように描画されるツールです。shiftを押しながらドラッグすることで45度ずつ回転させることができます。

ペンを離すとガイドの線が引かれます。

以前、対称定規のツールは窓のデザインについての動画で実践していますので、こちらの動画も見ていただくと、使い方がわかるかと思います。

対称定規と直線定規などを組み合わせることで、簡単にこのようなイラストも描くことができます。

特殊定規

サブツールで『特殊定規』を選択すると、『ツールプロパティ』で様々な項目を選択することができます。

平行線

ラインに沿って平行な線を引くことができます。

平行曲線

曲線ありのガイド。ラインに沿って平行な線を引くことができます。内側になるにつれて角度が急になり、外側に行くにつれて緩やかなカーブになります。

多重曲線

曲線ありのガイド。平行曲線と基本は同じですが、先端と末端が細くなります。

放射線

漫画であるような集中線やフラッシュを描くことができるガイドです。

放射曲線

曲線のガイドのように設定をし、先端部分が放射のガイドになります。曲線を描いた集中線などを描くことができます。

同心円

円のガイドに沿って線を引くことができます。円を使った効果や、ボトルなどのアイテムなども簡単に描くことができます。

ガイド

水平垂直の線を引くことができるガイドです。ガイドの線以外はまっすぐの線にはなりません。

Advertisement

詳細な解説動画

動画では作画をしながら詳しく解説をしています。しっかりチェックしたい方は、こちらからご覧ください。

まとめ

今回は『CLIP STUDIO PAINTの対象・特殊定規ツール』についての紹介でした。

様々あるツールを活用して色々なイラストを描いてみてください。

今回は特殊な定規について紹介しましたが、基本的な定規について知りたい方はこちらをご覧ください。記事・動画で紹介しています。

基本的な定規ツールの使い方・前編【CLIP STUDIO PAINT】

CLIP STUDIO PAINTの導入を検討している方は、こちらの公式サイトをご覧ください。

普段の記事・動画では無料で背景イラストの描き方について紹介していますが、より『背景イラストが上手くなりたい方』向けにイラスト添削などを行っているメンバーシップもあります。

背景イラスト上達したい!背景イラスト描きの仲間と交流したい!という方はぜひご検討ください。プラン内容はこちらをご覧ください。

背景イラスト上達したい方、メンバー募集しています【YouTubeメンバーシップ】

制作したイラストでオリジナルグッズを作りたい方はこちらのサイト『ME-Q(メーク)』 も参考にしてみてください!

スマートフォンのケースからバッグ、文具、シャツなど様々なアイテムを1個から作ることができます。

私も以前、実際にスマホケースを作りましたが、満足できる仕上がりになっていました!記事で紹介していますので、ぜひこちらをご覧ください。

公式サイトはこちらから

商品数国内最大級オリジナルグッズ作成【ME-Q】

最後までご覧くださりありがとうございました。

それでは、また次回の講座でお会いしましょう!

アプリ・ツール [Apps / Tools]カテゴリの最新記事