雨雲・雨イラストの簡単な描き方

雨雲・雨イラストの簡単な描き方

背景イラストレーターのariです

今回は『雨雲・雨の簡単な描き方』を紹介します!

今回の記事では今にも雷が落ちてきそうな雨雲・雨の描き方を紹介し、次回では元々あるイラストを雨模様にする方法を紹介しますので、ぜひ併せてご覧ください。

↓動画では既に紹介していますので、早めに確認したい方はこちらから。

【背景の描き方】晴れたイラストを雨模様にする方法【Procreate】

今回使用している機材とアプリはiPadProcreateです。Adobe PhotoshopCLIP STUDIO PAINTなどでも同じようなツールはありますので、ぜひ使用してみてください。

どのイラストアプリを使用すれば良いか悩んでいる方は、こちらをご参考ください。アプリのおすすめポイントについてまとめています。

iPadのおすすめイラストアプリを特徴ごとに紹介!【Procreate │ CLIP STUDIO PAINT │ Adobe Fresco】

動画では作画をしながら詳しく解説をしています。しっかりチェックしたい方は、こちらからご覧ください。

Advertisement

記事の信頼性

私は、15年以上背景専門イラストレーターとしてゲーム、アニメ、映画等、様々なイラストを手掛けており、専門学校講師として指導も行っています。

YouTubeチャンネルでは水・土曜日と毎週「背景イラストの描き方」「お絵かきアプリの紹介」など動画投稿行っています。背景イラストをもっと上手くなりたい!という方はぜひご覧ください。

背景イラストレーターAri『背景イラストの描き方』YouTubeチャンネル

それでは紹介していきます!

雨雲のポイント

雨雲は「乱層雲」「積乱雲」が代表的であり、光が通りにくく暗いです。

雲の上は青空というのを覚えておくと良いです。薄い雨雲の場合は、雲の間から光が入ってきたりもするので、どのような雰囲気のイラストを描きたいかで暗さ・光の入り具合は調整していきましょう。

雨雲の作画のポイント

グレーの下地の上に雨雲を描いていきます。暗めを意識しながら雲の隙間を作るとリアリティが増します。

雲の隙間から、このように天使の梯子とも呼ばれる光を入れても良い感じになります。

以前解説した「雲の描き方」でも説明しましたが、密度で遠近感を出すと良いです。手前は見上げているので大きな面積で描き、奥は雲の密度を上げて描くと遠近感が出ます。

Advertisement

雨雲の描き方

グレーの下地を描く

今回はグレーのベタ塗りで下地を描きます。

雨雲を描く

ブラシは「エレメント」→「雲」を使用して、トントントンとブラシのテクスチャを活用しながら描いていきます。

手前側はブラシサイズは大きく、奥に行くにつれてブラシサイズを小さくして描いていきます。一番奥は小さめのブラシで細かく描いていきます。

「エレメント」→「雲」のブラシだけを使用していると単調に見えることもありますので、他のブラシも活用しながら描いてみてください。

荒い部分は指先ツールで調整して馴染ませていきます。

雲の隙間に明るいカラーを少し入れると、光が入ってくる雰囲気を出すことができます。

雲の隙間の青空・光を入れる

雲の隙間に青空を入れ、そこから入る光を入れても良い雰囲気になります。状況に応じて足してみてください。

細かい雨の描き方

ブラシは「エレメント」→「激しい雨」を使用して、上から下へ描いていきます。カラーは白や青みがかった色を使用します。

その後、不透明度を落とし、消しゴム(エアーブラシなど)で不要な箇所は消して調整します。

大粒の雨の描き方

大粒の雨は「インキング」→「シロップ」などのブラシで一つひとつ描いたり、コピーしたりして表現しています。

筆圧を付けたり、上下を消しゴムで消したりすると良い感じになります。

いくつか雫を描いたら複製&コピーを繰り返します。奥側は小さめにすると遠近感が出ます。左上メニューの「調整」→「モーションブラー」をかけると良い感じのボケ感が出ます。

最後に透明度を下げて雨の完成になります。

雨を合わせる

細かい雨と大粒の雨を合わせるとこのようなイラストになります。

Advertisement

詳細な解説動画

動画では作画をしながら詳しく解説をしています。しっかりチェックしたい方は、こちらからご覧ください。

まとめ

今回は『雨雲・雨の簡単な描き方』を紹介しました!

雨模様はいつもと違った雰囲気を出せるので一度描いてみることをおすすめします。楽しんで雨を描きましょう!

以前紹介した空・雲の描き方も併せて見ることで、様々な空模様を描けるようになるかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

【空・雲の描き方】背景イラストで重要!空・雲の彩色をしてみよう!

【雲の描き方】雲の配置のコツ!カッコいい配置で空を描こう!

普段の記事・動画では無料で背景イラストの描き方について紹介していますが、より『背景イラストが上手くなりたい方』向けにイラスト添削などを行っているメンバーシップもあります。

背景イラスト上達したい!背景イラスト描きの仲間と交流したい!という方はぜひご検討ください。プラン内容はこちらをご覧ください。

背景イラスト上達したい方、メンバー募集しています【YouTubeメンバーシップ】

制作したイラストでオリジナルグッズを作りたい方はこちらのサイト『ME-Q(メーク)』 も参考にしてみてください!

スマートフォンのケースからバッグ、文具、シャツなど様々なアイテムを1個から作ることができます。

私も以前、実際にスマホケースを作りましたが、満足できる仕上がりになっていました!記事で紹介していますので、ぜひこちらをご覧ください。

公式サイトはこちらから

商品数国内最大級オリジナルグッズ作成【ME-Q】

最後までご覧くださりありがとうございました。

それでは、また次回の記事・動画でお会いしましょう!

背景の描き方[How to draw the Environment Art]カテゴリの最新記事